大阪モダンディスコ

大阪のモノ書きでありWeb屋であり広告屋。 ロクデモナイ売文稼業家としてメシを食っていける日を夢から現実に変えるべく、うぬぼれ一本で今日もくだらん文字を書き続ける。

書評

美徳は感じてもらうものであって、決して押し付けるものじゃない。-書評-『世界でバカにされる日本人 - 今すぐ知っておきたい本当のこと(谷本真由美)』

「やる奴」と「やらない奴」の2種類の人間しか存在しない時代になりましたよ。-書評-『革命のファンファーレ〜現代のお金と広告〜<西野亮廣>』

衰退していく日本。そして、その中にある企業。あなたの名前は何ですか?-書評-『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』

金の呪縛、時間の呪縛、常識の呪縛を大破せよ。-書評-『魔法のコンパス〜道なき道の歩き方〜<西野亮廣>』

論破力をアップさせることで、まだまだ社会は生きやすくなる。-書評-『論破力』

あなたは、かけがえのない誰かを、正しく思ってあげられていますか?-書評-『劇場』

結局死は、イメージのなかにしか存在しないのか?その答えは出ぬまま、今日もふわふわと生きている。-書評-『君の膵臓をたべたい』

有限の言葉で無限の感情を伝える素晴らしき人間の生き様をご覧ください。-書評-『残像に口紅を』

教科書はまだ、ない。だって、答えすらまだない未来だから。-書評-『ミライの授業』

さぁ、デジタルよ。老害たちをぶっ潰そうぜ。どこまでやれるか、テクノロジーの底力を見せてやろうじゃないか。-書評-『日本再興戦略』

過去を懐かしむことで未来に蓋をするのではなく、未来を照らすために過去から跳躍する、そんな転換期が訪れたんだろう。-書評-『超AI時代の生存戦略』

これまでの積み上げで未来を予測しようとすると、大きく方向性を誤ってしまう。-書評-『団塊の後』

その手に触れるだけで感じられる温かみの、その圧倒的な幸せを、もう一度、噛み締めてみたくなる。-書評-『今夜、ロマンス劇場で』

偶然か必然か、朝、いつもどおりに目が覚めた今日という一日を、目一杯生きてみたいと思った。-書評-『ミスミソウ』

日本人。もっと自己を主張しよう。青春には年齢制限なんかない。-書評-『青春論』

そこに広がっていたのは、世界の終わりじゃなくて、新しい世界のはじまりだったはずだ。-書評-『ふたご』

女性の中に眠る猟奇的で怪奇的な衝動に、ゾワッと無数の鳥肌が立つ。-書評-『悪いものが、来ませんように』

やぁ。素晴らしい世界は、今、目の前にあるんだぜ。-書評-『左目に映る星』

言葉は伝えるものじゃない。伝わってこそ、はじめて言葉なんだ。-書評-『妻に捧げた1778話』

美しい心とは、他人を温めてあげられる優しさ、なんじゃないだろうか。-書評-『フランダースの犬』

著者

常盤 英孝

3分程度で読めるショートショートと呼ばれるショートストーリー書き。 あとは、エッセイやコンテンツライティングなどの物書き全般と、Webデザイン、チラシデザイン、広告、Webマーケティング、おしゃべりなどをやっています。




最近の記事
スポンサード
  • ライブドアブログ