財布を落としたことに気づいた瞬間、人はめっちゃ焦る。それなのに、今の日本の状況、これからの日本の未来については、楽観的。日本国民全員が、緩やかになだらかに堕ちていっていることに気づかねば。

本作では、表表紙の裏に書かれてあるとおり、「自分の人生、自分で守れよな。」のメッセージがひも解かれた指南が語られている。個人としての「攻め方」と「守り方」をマスターし、さらに企業の「論理」を身につけて、業界としてよりよい「環境」に身を置く、という生き抜き方、生き残り方。

本作を読んでいると実感する。日本はもう、僕らのことを守ってくれない。会社はもう、僕らのことを守ってくれない。じゃあ、誰が守ってくれるのだろうか。そう、自分で守るしかない、という現実を。

では、個人でワンチャン狙うには、どうすればいいのだろうか…?


働き方 完全無双
働き方 完全無双
posted with amazlet at 19.04.13
ひろゆき
大和書房
売り上げランキング: 7,646

「個人として、ワンチャンを狙いながら幸せを目指そう!」

自分のスキルや能力を信じて、今と同じ頑張り方をしていては、
みんなでアリ地獄の中で上を目指して走っているのと変わりがない。
これからは、個人でワンチャンを狙うように「働き方」をアップデートさせるほうが近道だ。
本書で提唱するのは、「猝義亅畩態で働けばいいんじゃね?」という逆転の発想である。

働くときに考えるべきなのは、個人の「攻め方」と「守り方」の2つだ。
「攻め方」というのは、能力を上げることではなく、「相対的に自分を有利にする方法」である。
押さえておきたいポイントは、「何が当たるかわからない」「人に覚えてもらえばチャンスが増える」ということだ。

「守り方」というのは、企業の論理に絡めとられることなく、「最悪、クビになっても大丈夫な状態」にしておくことだ。
押さえておきたいポイントは、「ブラック企業」と「ベーシックインカム」についての知識である。
ブラック企業の論理に負けず、ベーシックインカムをもらうこと前提に生きることを目指そう。

そして、もう一つ必要になってくるのが、経営者側の視点、つまり「企業の論理」だ。
ここのポイントは、「企業の成長と衰退」「できる人を伸ばす」ということだ。
ネット時代になり、一代で大企業にまで急成長する例も増え、その一方で事業の寿命は短くなっている。そのロジックを説明する。

犖朕佑痢峭兇疂」「守り方」をマスターし、企業の「論理」を身につけて、業界としてよりよい「環境」に身を置く

これこそが、本書の目指す「働き方 完全無双」である。
これからも日本で働いていく上で、どんな状態があなたを相対的に有利にさせるのか。
その方法を徹底的にお教えしよう。

第1章『能力なんてものは存在しない-個人の「攻め方」無双』では、個人をレア化させる考え方・行動について語られている。
これらを読んだ人のなかには、「はっ? こんなことできるわけないじゃん?」と思う人がいるかもしれない。結論、これからの時代は、みんなができることなんかやっていても意味がなくて、どれだけ自分をレア化できるか。もっと言うと、国内のみでレア化を意識するんじゃなくて、やっぱり海外に向けても。

本作では考え方に加えどのように行動すればいいのかについても触れられている。が、達観した者のみが取り組めるラインアップだと感じる人もいるかもしれない。特に、ひろゆきの著作にはじめて触れる人は、強くそう感じるかも。

でも、『てっとり早く能力以外の部分で「レア」になれ』の項などは、比較的誰でも取り組めることで、にも関わらず、ひろゆきのエッセンスが入っていて面白い。

第2章『あなたが社会に殺されないために-個人の「守り方」無双』では、ブラック企業に勤めている人に対しての自分の守り方や、「ベーシックインカム」導入を前提とした生き方の指南、ストレスを溜めずに健康的に生きるための対策などが語られている。

確かに、全員が漏れなく沈みゆく日本において、自分を痛めつけてまで働くことないよね。自分の精神を脅かす環境から逃れられないのは、それ以外の環境で生きていくという選択肢を知らないから。結局は、情報が人を救うんですよ。

第3章『会社がずっと生き残るわけないじゃん-経営者視点の「企業の理論」無双』では、個人側ではなく企業側の視点にたった無双論。個人的には第3章で語られている企業の理論が最も興味深かった。

働き方改革が施行され、勤務間インターバル制度の普及推進や、2020年4月からは中小企業でも時間外労働の上限規制が実施されるなど、さらに働くことが制限される。

クリエイティブ系の職業で考えると、スポンサーや代理店から規則正しく依頼が降ってくるとは限らないので、杓子定規的な働き方は基本的にできない。でも、働き方改革で労働が制限されてしまうと、クリエイティブ系の中小企業は、スポンサーや代理店の要望を100%聞き入れることができない。

じゃあ、どうなるか。きっと、クリエイティブ系の仕事は、フリーランスとして働いている人に集まっていくだろうな。個人でやっている人のところへ。だから、クリエイティブ系の中小企業に勤めている人は、ちゃっちゃと独立してフリーランスに転身したほうが、将来的には潤った生活ができそう。

大企業も業績が悪化すれば、外部への発注スキルや発注精度の高い人が評価されることになるだろう。そうなると、コストは高いは労働が制限されているはの中小企業に発注するよりも、クラウドサービスなどを利用して、優秀なフリーランスに発注するほうが、コスパが高くなりますからね。

まぁ、大企業にお勤めの人だとかは、法案でこういったルールが明確化されるほうが、身を守ってもらえる実感が沸くだろうけど、中小企業や零細企業においては死活問題。「残業せず有給休暇を取得して、健康的に生きましょう!」と言われても、そもそも業績が悪化して会社から充分な給与が貰えなければ、生きていくことさえ難しくなるのに。

多くの中小企業・零細企業は、形式上、働き方改革を遵守しているように見せかけて、リアルな実態というやつを裏面に持ちながら経営を続けるんだろうな。で、真面目に遵守した企業は、業績が悪化の一途を辿る。そんな近々の未来像が見えますね。

本作の終章では『日本はこうやって生き延びろ』として、未来も日本が存続するための具体的な方法論が語られている。

本作を読了し改めて思う。これまでの常識には一切従わず、周りから非常識と言われる生き方こそが正しいと信じ、突き進むしか残された道はないって。

誰しもが、昨日と同じ今日が来て、今日と同じ明日が来ると信じて疑わない。
まさに、茹でガエル理論。カエルを熱湯に入れると、驚いて飛び出すが、常温の水の中に入れて、少しずつ温度を上げていけば、変化に慣れて出ようとしない。最終的には、茹で上がってしまう。

そうなってしまわないよう、僕にできることは既にはじめています。あなたにできることは、一体何でしょう? 本作を読んで考えてみてはいかがでしょうか。