大阪モダンディスコ

大阪のモノ書きでありWeb屋であり広告屋。超短編小説で世界を狙います!「小説書き+クリエイター+マーケッター」の切り口で記事を配信します。

2014年04月

だから本当は、生きることこそが、ひとりぼっちなんだと思う。-書評- 『罪の余白』

若者たちだけが集うことのできる、放課後という時間。 大人はそれを、傍観することさえ許されていない。 -書評- 『放課後』

幕切れが来るまでは終わることなく動き続けている、この名も無き世界。-書評-『名も無き世界のエンドロール』

著者

常盤英孝(ときわひでたか)

《3分後にはもう、別世界。》
3分くらいで読めるショートショートと呼ばれるショートストーリー書き。あとは、エッセイやコンテンツライティングなどの物書き全般と、Webデザイン、チラシデザイン、広告、Webマーケティング、おしゃべりなどをやっています。




最近の記事
スポンサード
  • ライブドアブログ